應援團吹奏楽部のQ&A

新入生へのページに戻る

Q1 「應援團」とありますが、応援活動がメインでしょうか?

A  普段は吹奏楽部としてコンクールや定期演奏会に向けての練習が多いですが、運動部の応援活動やマーチングを取り入れた
  ステージの披露等、應援團としても数多くの行事の練習に取り組んでいます。 

Q2 應援團というと身構えてしまいます…。

A  應援團なので挨拶や先輩に対しての礼儀作法はきちんとしている部分が多いです。
  しかし、部員はフレンドリーで気さくな人ばかりですし、入部してからみんなで身に付けていくものなので、
  身構えずにいて大丈夫ですよ!

Q3 リーダー部・チアリーダー部とは、どのような時に一緒に活動しますか?

A  普段の活動は別々ですが、新入生歓迎期間・四大学運動競技大会・大学祭等に向けた三部合同練習や合宿での練習の他、
  応援活動や奉仕活動も三部で取り組んでいます。
  また、部活を運営する上級生になると、三部の垣根を越えて、共に應援團を運営していきます。

Q4 他の音楽団体との入部を迷っています…。

A  当團吹奏楽部のアピールポイントは、「應援團吹奏楽部にしか出来ない音楽が出来る」こと、
  そして「必ずキラキラ輝く自分に出会える」ところです。
  吹奏楽部としては、様々なジャンルの音楽(クラシック、ジャズ、ポップス、マーチング等)に取り組むことが出来るのは
  当団体だけです。また、大会であるコンクールに出ているのは、学習院の音楽団体の中で唯一でしょう。
  應援團としては、様々な運動部の応援や應援團ステージで選手、お客様に全力の声、笑顔、音を届け、
  楽器経験の有無を問わず、部員全員がキラキラ輝くことが出来ます。
  清掃や献血の呼び掛け等の奉仕活動を通して、社会経験をすることも出来ます。
  こんなに多くの活動や経験が出来るのは当団体だけです!四年間、最高の学生生活を送れることをお約束します。

Q5 楽器は未経験で、音楽のことが全くわかりません…!

A  初心者大歓迎です。
  現時点でも初心者で入部している部員はたくさんいます。
  楽器は努力次第でどこまでも上達できますし、大学は新しいことを始められる最後の機会です。
  音楽に興味がある方、楽器を始めてみたい方、是非練習の見学に来てみて下さい!

Q6 希望の楽器をやることができますか?自分の楽器を持っていなければダメですか?

A  大体の人が希望通りの楽器になります。
  しかし、希望者が多い場合や編成バランスの都合で、先生や先輩と相談し適性の判断をして
  別の楽器に移って頂くこともあります。
  当團吹奏楽部では、入部に伴うオーディションは行っておりません。
  また、必ずしも楽器を持っていなければならない、買わなければならないということもありませんが、
  学校の楽器に空きがない場合には購入して頂くか、別の楽器に移って頂くこともあります。

Q7 お金はどのくらいかかりますか?

A  集金されるお金には、毎月の部費と年4回の合宿費等(吹奏楽部合宿2回、三部合宿2回)等があります。
  具体的な金額は年間16万~から20万円程(初年度は多くて25万程)です。
  部活に金銭的負担はつきものですので、基本的に他の部活・サークルと変わりのない金額です。

Q8 アルバイトとの両立は可能ですか?

A  ほとんどの部員がアルバイトをしながら活動しています。
  イベントが多い秋の時期や、コンクール・定期演奏会前の忙しい時期は、活動の曜日・時間が増えるため、
  曜日や時間が長期間固定でシフトの融通が利かないアルバイトは難しい可能性があります。
  もちろん不可能ではないので、気になる方は相談してみてください。

Q9 理学部は授業や研究が多く、部活をするのは厳しいと思うのですが…。

A  本人の考え方次第だと思います。
  授業優先ですので、実験や研究よりも部活が優先されるということはありませんし、
  理学部の部員はほとんど毎年入部しています。

Q10 将来、公務員試験や海外留学を考えていて、部活を続けられる自信がありません。

A  当団体では、海外留学等で休部することができます。
  実際に海外留学で1年間休部し、その後部活に復帰した部員もいます。
  しかし、部活動ですので一人一人の責任が求められます。休部を希望する場合は部長とよく相談をする必要があります。

Q11 演奏を指導していただけるプロの先生はいますか?

A  当部では、木管・金管・打楽器それぞれに、1人ずつプロの先生をお呼びして指導して頂いています。
  また、パート別にそれぞれの楽器の先生にレッスンをお願いしています。

Q12 2年生以上でも入部できますか?

A  可能です。
  四年間続けられるのであれば、楽器の有無を問わず大歓迎です!
  実際に2年生で入部した部員もいるので、是非一度遊びに来てみてください。

新入生へのページに戻る