本文へスキップ

会長挨拶

學習院大學應援團は平成28年に創團65周年を迎えた歴史があり、大学から特別に認可を受けた団体です。
大学はもとより、学習院にかかわるすべてのものを応援する立場にあります。
故に團員には、学習院生の模範となり、学習院の中で最も礼儀正しい組織となるように指導しております。
學習院大學應援團の特徴としては、「團員全員が主役」「團員全員で考える」「團員全員で参加する」という意識が備わっている点だと考えます。
古くても良き伝統は守る、悪しき慣習は捨て、常に進化する団体を目指しています。
創團当時から続いている院内清掃を始め、應援團の精神的支柱である「奉仕の精神」は合宿にて行う静岡県内の小、中学生との触れ合い、東日本大震災の翌年から始めた東北でのリーダー公開、学内外に於ける献血等、脈々と受け継がれています。
私達、桜援会は会員同志の親睦を深めると共に、頑張っている團員達をこれからも力強く応援してまいります。


学習院桜援会会長 児島 暁