夏季三部合宿

2014年8月30日~9月1日  於:学習院沼津游泳場


沼津にて、2泊3日の夏の三部合宿を行って参りました。
今年は例年より気温が低く、暑さに苦しむことなく練習を行うことが出来ました。

1日目、2日目は三部演技や応援、後期の行事に向けた演目の練習を行い、
最終日には、練習場所をお貸し下さった沼津市立香貫小学校と昨年に引き続き伺った西伊豆町立賀茂小学校・中学校にてステージを披露させて頂きました。

各ステージの担当者からは、始めに行事の概要やどのような方に向けたステージなのかという点について説明があり、それぞれ初合わせながらも本番を意識した練習となりました。
演目をミスなく完璧にやるのは当たり前、大事なのはそこに気持ちを乗せて、選手に、観て下さる方に届けることです。
その意味でも、この合宿が後期活動のスタート地点となりました。

朝の海岸清掃から始まった2日目の練習後には、前期活動、そして2日間の合宿を乗り越えてきた1年生達に、團長から、團員の証である團バッチが手渡される「團バッチ授与式」が行われました。
緊張した面持ちの1年生達でしたが、一人一人團長から言葉をもらいバッチを受け取る姿には、入團時からの成長が感じられました。
胸元にあるその誇りを忘れず、これからも學習院大學應援團の團員として立派に歩んでいってほしいです。

練習以外にも食事やミーティング、レクリエーションでは各部各学年混合の8つの班に分かれて三部が交流しました。
普段なかなか話す機会のない他部の人とも、ミーティングでは意見交換を行って反省点を共有し、レクリエーションでは意外な一面を発見することで、これから一緒により良い応援やステージを作り上げる仲間としての一体感を得ることが出来たのではないでしょうか。

最終日の小学校ステージでは、多くの子供達の前で演技を披露させて頂きました。
子供達が夢中になって観てくれていることが表情などから伝わり、團員達も自然と笑顔でステージを行うことが出来ました。
彼らに少しでも、元気や勇気を届けられるステージとなっていたならば幸いです。
チアリーダー部のスタンツ体験や賀茂小学校の運動会に向けた応援指導の時間では直接子供達と交流し、私達も良い思い出を作ることが出来ました。

最後になりましたが、香貫小学校の皆様、賀茂小学校・中学校の皆様、沼津游泳場の皆様、そしてお忙しい中足をお運び下さりご指導下さいましたOB・OG先輩方に心より御礼申し上げます。

それぞれの学年や立場で皆が頑張ったこの三部合宿が、第63代學習院大學應援團の桜吹雪の原動力となることでしょう。
後期の活動にも是非ご期待下さい。