関東選手権大会 

2016年5月17日、18日  於 代々木体育館


8月に行われるJAPAN CUP2016日本選手権大会への出場権をかけた戦いである関東選手権大会に出場して参りました。

本年度はSPARKS史上初である、Division1で「準決勝進出権」、Division2で「JAPAN CUP出場権」を獲得することを目標としておりました。  

チアリーディング経験者を集めた強豪校ばかりの中、この狭い枠を勝ち取るために強い気持ちでSPARKS全員が大会に臨みました。



関大会
1日目はDivision2Bチームのみの出場です。

Bチームは4年生10人、2年生3人、1年生3人のチームでした。

4年生が就職活動中ということもあり、なかなか全員が集まって練習することができず、通しの本数が少なく不安もありました。
しかし、練習に全員集まらなくても心は一つであるという考えを常に大切にしていたため、
なんとか本番までに演技を完成させることができました。

そして迎えた本番では見事ノーミスの演技をすることができました。


規定演技 77.5

自由演技 167.5


点数は以上のような結果となり、41チーム中15位でした。

自分たちの納得の演技はできたものの、惜しくも目標としていたJAPAN CUPの出場権を獲得することができず、大会の厳しさを痛感いたしました。

そして関東大会2日目はDivision1、いよいよAチームの出番です。
Aチームは3年生7人、2年生9人、勢い溢れるパワフルなメンバーの多いチームでした。
演技はリワインドやグランドスイッチ4基、タンブリングなどSPARKSの関東大会史上最も難易度の高いものに挑戦しておりました。
しかし、本番では惜しくもノーミスの演技をすることができず、悔しい結果となってしまいました。


規定演技 101

自由演技 182


総合順位は32チーム中13位という結果に終わり、準決勝進出権を獲得することはできませんでした。

改めてクリーンな演技をすることがいかに大切かということを学び、

準決勝進出権を獲得することは決して簡単なことではないということを痛感いたしました。 
AチームもBチームも悔しい思いの残る結果となってしまいましたが、
JUPAN CUPに向けて気を取り直して精進し続けたいと思いますので、今後も応援の程宜しくお願いいたします。




Bチーム


Aチーム


戻る